オリエンテコントラバス・オリエンテウッドベースを全国から買い取りします!

オリエンテコントラバス 買取り

オリエンテコントラバス 買取

オリエンテコントラバス(ウッドベース)&弓&ケースを高価買取いたします。

買取方法は愛知県内近郊では「出張買取」・店頭買取」出来ますが、愛知県外は宅配買取になります。査定は無料でメール又はお電話でお答えできます。コントラバスの買い替えのため今まで使用していたチャキコントラバスを高く売りたい時は、お気軽にご利用ください。

少しでも高く楽器の売却希望の場合は コントラバスの品番(モデル名)・製造年・ご購入年度、サイズ、楽器の状態(キズや破損・ネックのそり)をお確かめいただき、楽器のの状態を正しくお伝えいただくことでより正確な高い査定額を提示することができます。また、ケース&弓有無によっても査定額が変わりますので付属品の有無をお知らせください。

コントラバスとは・・・。

コントラバスは音楽における音域の区分のひとつ。バスのオクターブ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。略号は「Cb」で4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器です。単にバスもしくはベース(Bass)、ダブルベース、ストリングベース、ウッドベース、アップライトベース、アコースティックベース、ベース・フィドルとも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。 コントラバスはヴィオラ・ダ・ガンバの最低音域楽器であるビオローネ楽器が直接の先祖に当たる。これは16世紀に生まれ、18世紀頃まで用いられていた。 コントラバスの、なで肩の形状、平らな裏板、4度調弦、弓の持ち方(ジャーマン式)といった特徴から、現代オーケストラの弦5部の中で唯一 起源の異なる楽器であるとされる。

共鳴胴はひょうたん型で棹が付いている。中央のくびれは古い擦弦楽器において弓を使うのに邪魔にならないような形状にした名残で、ヴァイオリン属にもヴィオール属にも共通するものである。 ヴァイオリン同様表板と裏板は独立しており、表板は湾曲している。ただし、湾曲した裏板を持つラウンドバック、平面の裏板を持つフラットバックと呼ばれる二つの構造が存在する。フラットバック裏板内側面には、ラウンドバックには無い力木(ブレイス)が接着されている。

形状はなで肩であるが、これはヴィオール属のなごりであり、これによってハイポジションでの演奏が容易になっている。駒は弓で特定の弦をこするのに適すよう、弦の当たる位置が湾曲しているが、形の比率は他のヴァイオリン属に比べて背が高い。

ヴァイオリンの構造と同じく、駒の高音弦側の脚が接触している位置で、表板の裏側に接して魂柱と呼ばれる柱が立っており、表板と裏板に接している。駒の低音弦側の脚が接触している位置で、表板の裏側に接してバス・バーと呼ばれる力木(ブレイス)が接着されている。弦の振動は魂柱を支点として、この原理により振動が増幅され、主にバス・バーによって表板全体を振動させる。またその一部の振動は魂柱を通して裏板に伝わり、共鳴胴全体が振動するのである。棹から駒を経て楽器の尾部の緒留めまで弦が張られ、弦を押さえるための指板が張られている

全長は約170 - 200cm程度、弦の実効長も約95 - 120cm程度と、それぞれ全体の約2割ものばらつきがあり、この割合は他の純粋なヴァイオリン属の楽器より遥かに大きい。また、共鳴胴の容積により、3/4、1/2などの小さいサイズの楽器が、体の小さい女性や子供たち用に生産されている。また国によっても基準の大きさが異なり、ヨーロッパにおける3/4サイズが、日本における4/4(フルサイズ)に該当する

オリエンテコントラバス 見積りのポイント

オリエンテコントラバス・ウッドベース買取は品番、製造年、外装、使用状況で判断してお見積もりをしています。

オリエンテコントラバスのロゴ

■品番の刻印
弦楽器の内部は上面のF字孔から確認

オリエンテコントラバスのシリアル番号

■シリアル番号
F字孔内部のラベルにはメーカー、品番、シリアル番号が記載

オリエンテコントラバスのメンテナンス

■外装・楽器状態
傷、われ、ひび、ネックのソリ、糸巻き(ペグ)の状態

オリエンテコントラバス 品番

種類 品番
ウッドベース HO-20,HO-20,HO-30,HO-38,HO-58,HO-80,HO-120,BS-180,FO-62,FO-130,
5弦コントラバス ,5HO-40,5HO-58,5HO120,5BS-180
小型コントラバス HO-40 1/2,HO3/4,HO-LS,ヴァイオリンシェイプ&カッタウエイベース
ミニコントラバス MB-38,MB-38(ピックアップ付き),
消音ベース SB-10,SB-15,SB-16

弦楽器のコントラバス

  • コントラバス(独: Kontrabass / 英: Contrabass / 伊: Contrabbasso)は音楽における音域の区分のひとつ。
  • バスのオクターブ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。
  • オールドモデル・ビンテージのコントラバスは買取の対象外になります

コントラバスは4本&5本の弦を持つ弦楽器略号は「Cb」。

単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベースや弦バス、ウッドベース、アップライトベース、アコースティックベース、ベース・フィドルとも言う。

楽器買取りの流れ

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

コントラバス買取りの流れ

・楽器が大きいので梱包材はお送りしていません
・買い取りご希望の方に配送手配をお願いしています
・送料は25,000円を上限で当社が負担させていただきます
・運送業者は大型荷物又は家財便として運送を引き受けしています


  • お電話によるお問い合わせも大歓迎!0120-053-215

▼楽器買取のドレミ楽器はお見積り無料!

楽器の買い取り 無料お見積り

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ