ピフュナーバスーン・ファゴット買取します!全国より買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

ピフュナーファゴット買取します

ピヒュナーファゴット(バスーン)を売りたいのですがどんな楽器の状態でも買い取りできます

当社はピヒュナーファゴットのメンテナンスができる技術者がいますので修理可能なファゴットは買い取り出来ます。楽器状態を詳しくお知らせ下さい。買い取りのお見積もりさせていただきます

  • 外装に錆があり全体的に汚れがあるピフュナーバスーン買取します
  • 管体にへこみや傷がある、、鍍金の浮きがあるファゴット買取ります
  • キー部分の動きが悪くタンポが敗れているピフュナーファゴット買取
  • メーカー&品番、製造年度が不明なファゴット買取します

 

ピフュナーファゴットの売却で買取価格に納得出来る資料

ファゴットを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
ファゴットを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること
ファゴットの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
ファゴットを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

ピヒュナーファゴット(バスーン) 買取お見積りのポイント

品番、製造年、外装、使用状況、楽器の状態で判断して買取のお見積もりをします

アマティ バスーン(ファゴット)のロゴ

■品番の刻印
メーカーのロゴ

アマティ バスーン(ファゴット)のシリアル番号

■シリアル番号
位置確認

アマティ バスーン(ファゴット)のメンテナンス

■外装・楽器の状態
さび、傷、割れ、凹

ピヒュナー社

ピュヒナー社が創設されたグラスリッツは、19世紀末当時オーストリアの楽器製造の中心都市でした。1870 年7月8日生まれのヴィンツェンツは両親を早くに失ってからゲスナー家に養育され、そこで幼くして楽器製造にかかわることとなりました。
彼はオーボエ、クラリネット、ファゴットの演奏法を学び、それは音楽の造詣を深めることとなり、また後に士官学校の合唱団の指揮もするようになりました。 そして、ピッコロからコントラファゴットまですべての木管楽器を製造する会社として1840年に設立されたグラスリッツのヴィンツェンツ・ケーラートの息子の会社で木管楽器製造について学びました。
ヴィンツェンツは数年の外遊後、家に戻って独立しました。 独立当初から、彼は非常に神経を使ってオーボエ、クラリネット、ファゴット、フルートを製造しました。また、彼の音楽家としての経験は、顧客との商談や、楽器製作や調整について演奏家の要求に応える上で大変役に立ちました。そして、彼は自社の楽器を地区の展示会に出展し、優秀賞を獲得し評判となりました。ヴィンツェンツは地域で敬意を払われ、同業組合の組合長としての地位も得ました。 ヨーゼフ・ピュヒナー 父親の家業を引き継いだヴィンツェンツの息子ヨーゼフ・ピュヒナーは、父の工房で研究後、技術学校のマイスター課程を修了しました。 1914年、父ヴィンツェンツがオーストリア軍に徴兵されたため、ヨーゼフは17歳にして父の会社の経営を担わなくてはならなくなりました。そして後に、ヨーゼフも1915年から1918年まで軍の徴用に応じることになりました。

ファゴット(バスーン)とは

ファゴット(バスーン)の明確な成り立ちは不明ですが、16~7世紀に演奏されていたショーム、ドゥルシアン、ランケット、ソルドゥン等が進化して誕生したと考えられています。 18~9世紀になると4鍵、6鍵、8鍵と徐々に改良が進められ、19世紀後半に現在多く使用されているファゴット(バスーン)の原型となるヘッケル式(ドイツ式)が製作されました。現在、日本ではファゴット(ドイツ語)やバスーン(英語)といった場合ヘッケル式(ドイツ式)のものを意味しますが、フランス式のものもありそれらはフランス語のバソンと呼ばれることが多いです、ヘッケル式(ドイツ式)が一般的に楓でできていてキィの数が多いのに対しフランス式は紫檀で作られることが多くキィの数が少ないので、甲高いファゴット(バスーン)とは異なった独特の音色が特徴です。

ファゴット(バスーン)の取り扱い

組み立てるときはキーに力が加わるような持ち方はやめましょう。ジョイント部分が固い場合、またはゆるい場合には無理しないようにして管楽器メンテナンス技術者に見てもらうのが良いです。簡単な調整で済みます。木綿糸の場合は糸を巻き足したり減らしたりしても大丈夫です。そしてボーカル部分は根元を持ってゆっくり差し込みましょう。」
演奏後はジョイントを分解したあと、水分を出して保管してください。水分を出すときに、必ずテナージョイント側(細いほう、ボーカル側ですね)から出すようにしてください。ボーカル側は防水加工してあるのですが反対側は防水加工されていないからです。その後スワブなどを使って水分を抜きます。タンポにたまっている水分はクリーニングペーパーなどで吸い取ります。リードは乾燥しない程度に通気性の良いケースの中に入れておくのがベストです。管体の割れ防止のため直射日光や湿気に弱いので保管には十分に気をつけてください。キィのバランス:衝撃を与えないように手持ちで運んだほうが安全です。

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております。

▼楽器の買取方法

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

管楽器メンテナンス

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

有限会社 ドレミ楽器
〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
営業時間:朝10時~午後5時
(定休日:土曜日・日曜日)
TEL: 052-653-6676
FAX: 052-654-1980
フリーダイヤル: 0120-053215
フォーム~年中無休で対応
愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号

ドレミ楽器 サイトマップ