ユーフォニアム買取します。ベッソン、ヤマハ、ミラフォン、ウィルソンユーフォニアムを全国より買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

ユーフォニアム 買取

どんな状態のユーフォニアムでも買い取りできますか?

当社ではユーフォニアムのメンテナンスができる技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している楽器は買取出来ます。ユーフォニアムの製造年度またはご購入年度、品番、楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら正確な買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • 楽器の外装に錆がある。全体に汚れがある場合買取できます
  • 管体にへこみや傷があるユーフォニアム買取できます
  • 外装部分にラッカーハガレ、さびが発生している場合買取できます
  • 鍍金の浮きがあるユーフォニューム買取できます
  • ピストン部分の動きが悪い、スライドが固着して動かない楽器
  • 未調整のユーフォニアム・ユーフォニユーム買取できます
  • ケース&マウスピースがないユーフォニアム買取できます
  • メーカー&品番、製造年度が不明なユーフォニアムも買取できます


ユーフォニアムの売却で買い取り価格に納得出来る資料

ユーフォニアムを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
ユーフォニアムを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

ユーフォニアムの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
ユーフォニアムを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など


ユーフォニアム買取お見積りポイント

ユーフォニアム買取は品番、シリアル番号、外装、楽器状況でお見積もりをしています。(写真はヒルスブルナー)

ユーフォニアムのロゴ

■品番刻印
ヤマハYEP刻印

ユーフォニアムのシリアル番号

■シリアル番号
ピストン部分刻印

ユーフォニアムのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、凹み・動作

ユーフォニアムとは・・・。

ユーフォニアム(ユーフォニウムとも、英国: euphonium)は金管楽器の一種。一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持つ。音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じであるが、それよりも幾分か柔らかく丸みのある音色を奏でる。主な活躍の場は吹奏楽とファンファーレである。ユーフォニアムのマウスピースは多くのメーカーでカタログ上トロンボーンと共通に扱われているが、トロンボーンのものよりややカップの深い物が好まれる。

買取している主なユーフォニアムメーカー

ドレミ楽器で買取している主なユーフォニアムメーカーについて紹介しています。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。

ウィルソンユーフォニアム 買取

品番: TA2900BS、TA2910BS、TA2950、Willson

ヤマハユーフォニアム 買取

品番: YEP-201、YEP-321、YEP-621、YEP-824

ヒルスブルナーユーフォニアム 買取

品番: HIRRSBRUNNER/HBS-479、HBS-378 HIRRSBRUNNER euphonium (Switzerland)

ベッソンユーフォニアム 買取

品番: セブンハンドレッド、BE-765、ゾウリン、BE-967、プレステーション、BE-2051

ミラフォンユーフォニアム 買取 (MIRAPHONE/FRG)

品番: セントラルスペシャル、プライムシリーズ、PR-58HA-SP

マイネル・ウエストンユーフォニアム 買取meinl weston)

その他のユーフォニアム買取
クルトワAntoine Courtois、ヨークyork、キングking、イオIO、 チェルベニー.F.Cerveny 、インダービネンINDERBINEN

ユーフォニアムの調整・修理料金表

ユーフォニアムの調整・リペアー・メンテナンスの目安となる料金表をまとめました。ドレミ楽器では自社でメンテナンスも行っていますので、お気軽にご相談ください。

ピストン調整 2,250
抜き差し管調整 2,250
固着分解 1,500

ユーフォニアム 部品交換 料金目安

ウオーターキーコルク交換 375
ピストンフェルト交換 375

ユーフォニアム その他 料金目安

ハンダ付け 2,250
へこみ修正 2,250

ユーフォニアム 清掃関係 料金目安

マウスピース脱着 500
全体洗浄 9,000
全体手磨き 22,500
  • 価格は税抜きです。
  • 部品交換には材料費も含まれています。
  • はんだ付け・へこみ修正は、場所や大きさにより金額が異なります。
  • 料金は目安です。状態により前後する場合がございます。

ユーフォニアムのメンテナンスのお知らせ

  • ユーフォニアムが届きましたら修理お見積もりをさせていただきます
  • 修理料金は楽器の状態により異なります。当社の料金表は目安!
  • 調整・修理の納期は2~4週間、状態によって異なります
  • 管楽器のヘコだし、管体のわれ葉楽器を見てからの判断です
  • 金管楽器の腐食、ゆがみなど修理できない場合もございます
  • 状態により、プロ演奏家の要望に対応できないこともあります
  • 出張修理は行っておりませんので店頭までお持ちくださいませ
  • 修理のご依頼はできる限り事前に詳しくお知らせくださいませ

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方に、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております!
  • 内容は、プチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シール。
  • まずはお気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ!
  • おかげさまで大好評!

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

楽器を手放すタイミング

ドレミ楽器が実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています

中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

ユーフォニアムの特色
英語で“朗々と響く”という意味を持つユーフォニアムは、一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持っています。運指はトランペットと基本的に同じ、吹奏楽ではテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じ音域(中音域)を担当します。オーケストラでいえばチェロのような役割というところでしょうか。吹奏楽やブラスにおいてはソロも多く、対旋律、伴奏にと非常に多彩で忙しい役割を与えられている楽器ですが、オーケストラではほとんど出番がない楽器ですので、金管楽器の中でもまだ認知度が低いようです。
音色は人の声のテナーと同じで、柔らかく丸みのある音色を奏でます。特に歌うメロディは聴いていて非常に心地よく感じられます。しかし合奏の中では音域の関係もあって埋もれてしまいやすい、のもこの楽器の特徴です。また、低い音域を吹く際、ユーフォニアムの特性上、音程が上ずりやすいため、それを正しい音程に補正するためのシステム(コンペンセイティングシステム)が搭載されている事があります。
このシステムは、4番バルブに連動する補正管を各バルブ増設し、4番バルブが含まれる運氏の場合、空気が自動的に補正管を通る構造となっており、機動性の高さに加えて実用出来る音域がさらに広がります。
また兄弟楽器として「バリトン」があります。吹奏楽においてはユーフォニアムとは区別されることが少なく、基本的に同種のものとして扱われているようですが、ユーフォニアムと比べると全体的にやや小さく、ベルが細くて、音色はユーフォニアムよりも明るい音がします。

ユーフォニアムの歴史
ユーフォニアムの始まりは、1590年にフランスのギョーム(E.Guillaume)が考案したセルパン(Serpent)という中低音域を担当した金管楽器にあります。当時はバルブもなく、管に音程を変える為の穴が空いており、リコーダーのように奏者がその穴を直接自分の指で塞いで音程を変えます。形状がくねくねして独特な形状をしていることから、フランス語で「蛇」を表します。
このセルパンと同じ仕組みで音を出す楽器として、1821年にフランスのアラリ(Halary)が特許を取得したオフィクレイド(Ophicleide)という楽器があります。これはキイシステムによって穴を開閉し、セルパンが木製であったのに対し、金属の管を持ち、また、形状もファゴットやバリトンサックスのように管を折り曲げた形をしています。後にバルブシステムが発明され、1843年にヴァイーマルのコンサートマスターであったフェルディナント・ゾンマーによってテナーバスホルンを原型にした「ユーフォニアム」という楽器が発明されました。
一方、ベルギーでは同じ1843年にアドルフ・サックスが、高音域から低音域までを同一の音色でカバーする一連の金管楽器「サクソルン」を製作しました。この楽器は3~5つのピストンバルブが備わっている上向きベルの楽器で、8種類あり音色の統一が図られていました。1845年に特許を取得し、サクソルンのうちのピストン式バスのボアを拡大させ、さらにイギリスで開発が続けられて現在のユーフォニアムが登場したとも考えられています

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980
愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ