ヤナギサワサックス買い取りします。ソプラニーノ・ソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックスを買取します

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

ヤナギサワサックス 買取

ヤナギサワサックスがどんな状態でも買い取りできますか

サックスのメンテナンス技術者がいますので修理可能な楽器は買取出来ます

  • 管体の外装に錆やへこみ、傷があるヤナギサワサックス買取します
  • へこみや傷があるヤナギサワサックス買取できます
  • 外装部分にラッカーハガレ、鍍金浮きがあるヤナギサワサックス買取
  • キー部分の動きが悪い、タンポ不良のヤナギサワサックス買取します
  • マウスピース、リガチャー、キャップ、ケースもないサックス買取します
  • 品番、製造年度が不明なヤナギサワサックス買取できます

ヤナギサワサックスの売却で買取価格に満足する資料

サックスを高く買ってもらう為に売却要件を知識として知る必要性
サックスを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

サックスの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
サックスを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など
ヤナギサワサックス新WOシリーズの新品価格と買取参考価格です

ヤナギサワサックス買い取りのお見積りポイント

品番、製造年、外装、使用状況で判断して買取のお見積もりをしています。

ヤナギサワサックスのロゴ

■品番の刻印
サックスの管体

ヤナギサワサックスのシリアル番号

■シリアル番号
上管部分の刻印

ヤナギサワサックスのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、凹・タンポ

ヤナギサワサックスの品番

ソプラニーノ:SN901S・「ソプラノ」S-901Ⅱ,S-901ⅡS,S-991,S-991GP「カーブソプラノ」SC-991「アルトサックス」A-991Ⅱ,A-991ⅡS,A-991,A991S,A-991G
テナー:T-901Ⅱ,T-901ⅡS,T-991,T-991S,T-991GP

バリトン
:B-901,B-901R,B-991,B-991R

ブロンズブラスモデル
:「ソプラノ」S-902,S-902S,S-992,S-992S,S-992GP,S-992PGP「カードソプラノ」SC-992,SC-992GP,SC992PGP「アルト」A-902,A-902S,A-992,A-992S,A-992GPA-992PGP「テナー」T-902,T-902S,T-992,T-992S,T-992GP,T-992PGP「バリトン」B-992,B-992R

シルバーソニックモデル
:「ソプラノ」S-9030,S-9030GP,S-9030PGP,S-9930,S-9930GP,S-9930PGP 「カーブドソプラノ」SC9937,SC9937GP,SC9937PGP「アルト」A-9937,A-9937GP,A-9937PGP・ 「テナー」T-9937,T-9937GP,T-9937PGP・「バリトン」B-9930,B-9930BSB

ヤナギサワ (柳沢)社歴

  • 昭和29年:テナーサクソフォン第1号(T-3)製作。
  • 昭和31年~昭和41年:アルトサクソフォーン第1号(A-3)を完成
  • Low Aキー付きバリトンサクソフォン(B-6)を完成
  • 昭和43年:ソプラノサクソフォーン(S-6)完成
  • High Eキー付きソプラニーノサクソフォーン(SN-600)を完成
  • ソプラニーノからバリトンまで5種類、15機種の楽器を完成
  • 昭和53年~昭和60年:エリモナシリーズ(モデルNo.800)
  • 日本初のカーブドソプラノ
  • 世界初のデタッチャブルネックのソプラノ(S-880)
  • 平成2年~平成7年:900,990シリーズのソプラノ、バリトン
  • 日本初のシルバーソニックボディーモデルの9930
  • 9930を、ソプラノからバリトンの4種類を発表
  • 平成11年:総管体銀製のアルトサクソフォンA-9937を発表
  • 平成12年:総管体銀製のテナーサクソフォンT-9937を発表。
  • バリトンの最高峰と呼べるB-9930BSB完成。
  • ブロンズブラス製金メッキ仕上の992GPシリーズ発表
  • 平成13年:ブロンズブラス製ピンクゴールドメッキ仕上の992PGPシリーズ
  • 平成14年:総管体銀製に ピンクゴールドメッキ仕上げ9937PGPシリーズ
  • ブロンズブラスの表現力で高く評価されるアルトA-902発売
  • 平成15年:ブロンズブラス製テナーT-902発売
  • 平成16年:カーブド・ソプラノのSC-991、992発売
  • 平成18年:世界初の総管体14金製アルトサクソフォン A-9914を製作
  • 参考出品としてmusikmesse 2006 にて発表
  • 平成20年:総管体銀製のカーブド・ソプラノサクソフォンSC-9937を発売

初代 柳澤徳太郎が1694年に軍楽隊の輸入管楽器の修理工房を始め、その工房が楽器工場に変わったことで日本での管楽器生産が始まったと言われている。1951年、柳澤孝信が楽器作りを志しサクソフォンを試作しだした。そこから60有余年、日本唯一のサックス専門メーカーとして歴史を刻んでいる。自社一貫生産に拘り、豊かで広がりのある美しい音色を目指し、幾度も革新的な改良を繰り返しているヤナギサワは、世界中から評価されている。

ヤナギサワサックス買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪

▼楽器の買取方法

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の出張買取
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
営業時間:朝10時~午後5時
(定休日:土曜日・日曜日)
TEL: 052-653-6676
FAX: 052-654-1980
フリーダイヤル: 0120-053215
フォーム~年中無休で対応
愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号

ドレミ楽器 サイトマップ