トランペット買取します。ヤマハ・バック・シルキートランペットなど全国より高価買取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

トランペット 買取

トランペットがどんな状態でも買い取りできますか?

当社ではトランペットの調整と修理が出来る技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している場合の楽器は買取出来ます。楽器状態を詳しくお知らせください。買い取りのお見積もりさせていただきます。

トランペット買取お見積りポイント

トランペットはメーカー、品番、シリアル番号、外装、使用状況で判断して買い取りのお見積もりをしています

トランペットのロゴ

■品番の刻印

トランペットのシリアル番号

■シリアル番号

トランペットのメンテナンス

■外装・楽器状態

トランペット解説

トランペットはピストンバルブと呼ばれる機構を使って、管の長さを調整して音を変えます。管が長くなると音が低くなります。トランペットでは第1バルブを押すと1音低く、第2バルブを押すと半音低く、第3バルブを押すと1音半低くなる仕組みとなっています。トランペットの種類はB♭トランペットの他に、調子の違うC・E♭・Dやピッコロ・アルト・バストランペットなど音域ごとに分かれたものもあります。また、ホルンのようにロータリーバルブが付いたものをロータリートランペットと呼んでいます。ロータリートランペットは楽器の構えは楽器を横に寝かせて構えるように作られています。ピストンバルブに比べて音色が柔らかく、木管楽器や弦楽器にも溶け合う性質を持っています。トランペットは管長と機構によっても分類されている。
【管長】ピッコロトランペット、アルトトランペット、バストランペット、ポケットトランペット, ショートトランペット、ソプラノトランペット
【機構】ロータリートランペット、スライドトランペット、シグナルインストルメント、ナチュラルトランペット

買取している主なトランペットメーカー

ドレミ楽器で買取している主なトランペットメーカーについて紹介しています。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。


カンスタルトランペット買取

ジグマント・カンスタル社はオールズ、ベンジ、キング、べッソン等、著名な金管楽器の設計と製造を手がけてきた人物であり、カンスタル・ミュージカル・インストゥルメンツを創設してからは、自らの名前 “カンスタル” を冠した、技術的にもその音においても革新的な製品を生産し続けている。
品番 Kモデル、KTR700、シカゴモデル、CH1000、シグネチャーシリーズ

シルキートランペット買取

シルキー社は最高の楽器を作るために熟練した職人の手によってパーツ1つ1つまで自社にて一貫生産している。これは、すべてのパーツにおいて最高のレベルを求めるためである。
品番: S32SP、S22SP、X3LSP、E3LSP、 ピッコロ Schike(USA)

エックスオートランペット買い取り・XOトランペット買取

品番: GX-L,GX-S,SD-L,SDT-L,SD-S,SD-GB,SD-GBS,RV-L,RVT-L,RVT-S,RV-GV,RVT-GV,RV-GBS,RVT-GBS,SDC-L,SDC-S,SDC-GBS,RVC-L,RVC-S,RVC-GB,RVC-GBS

ストンビトランペット買取

品番: Elite、5330、5510、Mahler、Titan、Master、ピッコロトランペット

ヴィンセント バックトランペット買取

ヴィンセント・バック社は、1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン1890-1976)により設立されたが、1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。設立初期はマウスピースを手がけていたが、その後トランペットを製造。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造した
品番: TR600、180ML、C180ML、LR180ML、D180コンビネーション

ホルトントランペット買取

ホルトン社は有名なジョン・フィリップ・スーザ・バンドの首席トロンボーン奏者だったフランク・ホルトンが、1898年シカゴ・マジソンストリートのビル3階に2室の楽器店を開業、トロンボーン用のスライドオイル、 フォーミュラエレクトリックオイルを発売。今日ではあまりにも有名なホルトンオイルは、100年間ベストセラーを続けている。ホルトンの設計する斬新なデザインの金管楽器は多くの奏者から愛用された。
品番: T602、ST550、ST308 , Holton(USA)

ヤマハトランペット買取

ヤマハ(株)は明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。
品番:YTR-1335、YTR2335、YTR-850、YTR8310、YTR-9830、ゼノXeno

アントワンヌ・クルトワトランペット買取

アントワンヌ・クルトワ社Antoine Courtois(旧称:コルトワ)は、1789年から続いてきた父のワークショップを引き継ぎ、1803年に会社として創業。コルネット、トランペットやトロンボーンの生産に乗り出し、以後6代も世代交代しながら色々な楽器を製作し、フランスのみならずヨーロッパ全域に金管総合メーカーとしてその名が知れ渡った。
品番: AC333ML,AC333L, AC334ML,AC334L

コーントランペット買取

コーン社・・・金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は1875年、小さな店でアメリカ国内初のコルネットを製作。1879年に店を移転し楽器製造が軌道に乗ると、1888年コーンは15人の楽器職人を呼び寄せる
品番: 3B,23B-SP,NEWコンストレーション:52B-SP、 ヴィンテージワン:1NB-SP,1B,IB-SP, 1B-GP,1B-50C,1B+50C-SP

ゲッツェントランペット買取

ゲッツェン社・・・1939年に管楽器専門メーカーとして設立。1963年の工場火災により、それ以前のシリアルナンバー履歴を焼失している。1991年最新設備とともに新しいコンセプトによる金管楽器(エドワーズ製品等)の研究開発をめざし、ロバート・ゲッツェン(現会長)が創設者であるアライド社との結び付きにより、更なる円熟と発展を遂げている。
品番:3050S,3051,3051S,907SProteus, 590SS,360S,3001GPLE,307S、 ピッコロトランペット:3916,3916S

ビー・エス・シートランペット買取

品番:TR106S ,TR107S ,TR207S ,TR304S ,TR501G,TR601,TRC01S

ジェローム・カレトランペット買取

品番: JAZZ ・CS464S ・CS460S・CS470S・CGP470S・CGP464S・Grand Prix・SymphoniqueB ・SymphoniqueC

スパーダトランペット買取

品番:バックスパーダ25,25G,37,37G,43,43G,72,72G,229,239、ベルカンソスパーダ、・モネットスパーダ

ヴィレンベルグトランペット買取

ロータリー・オーケストラモデルC/GB,B♭/GB、
ロータリー・コンバーチブルモデルB♭/F,E♭/D
ロータリー・ピッコロHigf B♭/A,ポストホルン B♭/A

エッガートランペット買取

ロータリートランペット:トーンハーモデル、ナチュラルトランペット,3孔式バロック

S.E.シャイアーズトランペット買取

シャイアーズ社・・・代表スティーブ・シャイアーズは自身がプロのトロンボーン奏者でもあることから、これまで主にトロンボーンを製作。しかし、かつてシルキー社でトランペットのベルを製作する職人として研鑽を積んだ経験もあり、創業当初よりトランペットの製作を構想、2007年にS.E.シャイアーズはトランペットの開発を本格化。この当初から名手ドク・セヴァリンセンが事実上のアドバイザーとして開発に大きく携り、トップ奏者ならではのノウハウや所有していた希少性の高い膨大な数のヴィンテージ楽器を資料として余すところなく提供。 品番: ModelA,ModelAHW,ModelB, ModelBLW,ModelCLW,Model4, Model5,Doc Seveninsen

その他のトランペットメーカー買取

カドソンCADSON、ガリレオGalileo、カリキオcalicchio、キューンkuhn、キャノンボールCannonball、リュトゥッケLuttke、 マルティン・シュミットMartin Schmidt、リドゥルJosef Lidl、ミラフォンMiraphone、 シャガールschagerl、 マーシンキウィッツMarcinkicwicz、クロマトH.kromat、 マイネル・ウェストンMeinl Weston、 キューン&ホイヤー、BSC、シャレンジャーB&S Challenger、 ヘルマン・シュミットHelmat schmidt、 バウマンP.Baumann、タインThein、ズイーレF.syhre、 セルマーSelmer、シェルツアーjohaness scherzer、クーリアCuria、モンケjosef monke、 トニー・スカッドウェルTony Scodwell、 チェルベニーV.F.cerveny、テイラーTaylor、レヒナーlechner カールヒルKarl Hill、、エクリプスEclipse、 ヴィレンベルグ/Bernhard Willenberg、 バーバンクburbank、ヴィ・ラプターV-Raptor、 ヴァン・ラーVan Laar、イラチェクM.Jiracek、 アイブルEibl、ウエーバーweber、ベストブラスbest brass

ロータリートランペット買取

ロータリートランペットはホルンなどに使われるロータリーバルブが付いており、レバーを押して演奏する。運指はピストントランペットと同様である。

 

ピッコロトランペット買取

トランペットの取り扱い

トランペット 演奏前の準備

マウスピースのセットは軽くまわすように入れます。強く押し込まないようにしてください、ピストンをまわさずにまっすぐ途中まで抜いてバルブオイルを2~3滴注入します。その後笠ねじを締めてオイルがなじむように何回かピストンを上下させます。コルネットのピッチは温度で変化しますので、チューニングは管内によく息を吹き込んで温めてから抜差し管で調整します。ピストンの向きはピストンに刻印してある数字をマウスピース側に向くようにしてください。

トランペット 演奏後のお手入れ

バルブゲーシングの内側の汚れ、ピストンの汚れをガーゼでふき取る、ウォーターキーや抜差し管から管内の水分を出す。抜差し管を抜くときは対応するピストンを押しながら行う。そして、抜差し管の古いグリスを抜き取り新しいグリスを塗布してグリスがなじむように2~3回スライドさせます。最後に柔らかいクロスなどで管体の表面の汚れや埃を取ります。

トランペットの調整・修理料金表

  • トランペットが届きましたら修理お見積もりをさせていただきます
  • 修理料金は楽器の状態によりますので料金表は目安とお考え下さい
  • 調整・修理の納期は2~3週間かかる場合もあります
  • トランペットの管体のヘコだし、スライド・ピストンの固着
  • 管体のわれ、腐食、ゆがみなど修理できない場合もあります
  • 特殊な場合でプロ演奏家には対応できないこともあります
  • 出張修理は行っておりませんので店頭までお持ちくださいませ
  • 修理のご依頼はできる限り事前に詳しくお知らせくださいませ

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

中古楽器を売りたい方へ
中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です

楽器買い取り価格をアップ

お見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

●ピストントランペット
ピストンバルブを使って管長を変化させる。現在、日本、アメリカ、フランスなどで最も一般的に使用される。一般に「トランペット」と言ってイメージされるのが、このピストン・トランペット(B♭管)である。音が目立つのでよくソロに用いられる。ロータリーバルブに比べて故障しにくい。ジャズにはこれが用いられる

●ロータリートランペット
ロータリーバルブにより管長を変化させる。ヨーロッパ地域で(ドイツ・オーストリア・オランダ・北欧)などでよく用いられる。ドイツやオーストリアの音楽に向いているとされ、日本やアメリカのオーケストラでも演奏曲目によって用いられることがある。一般にピストン・トランペットと比べ、重厚で厚みのある音色を持つ

●スライドトランペット
ソプラノトロンボーンと形状が似ている。19世紀のイギリスで主に用いられた。機構はトロンボーンと同一で音域が一般のトランペットと同じ。比較的構造が簡単で安くできるのでドイツなどで作られている。

●シグナルインストルメント
機能はビューグルに近いが、ベル(朝顔)は2個から4個付いていて、それを1つから2つのピストンバルブで操作する。マウスピースはトランペットのものを使うのでここに挙げる。ドイツの楽器店でよく見かけられるが、使用例はスライド・トランペットのようにほとんど聞かれない

トランペットは金管楽器
管の全長に対して円筒部分の割合が大きく、多くは長円状に巻かれ、その中ほどに3つ(稀に4つ)のピストン&ロータリーのバルブを備えている。最も一般的なのは変ロ調(B♭管)とハ調(C管)である。ハ調を除き移調楽器です。
現代のトランペットはオーケストラではA管やC管、D管、吹奏楽はB♭管が標準となっている。これを標準(管長約147 cm)と考えている人は、それよりも短い楽器のことをショートトランペットと呼ぶことがある。

ソプラノ・トランペットとは、単に低いA管からその上のG管までの今日の普通サイズのトランペットのことにすぎない。ピッコロトランペットはA管(いわゆるソプラノ・トランペットのA管)よりも1オクターヴ上のA管以上は、管長が半分となり高音域用の吹奏を目的として作られ呼称されている。高音吹奏の物理的限界点としてC管(約65 cm)までが一般的に存在する。

短い方からのC管、B♭管、A管については、ピッコロトランペットと呼ばれる。大抵は、一台のトランペットにオプションパーツの組み合わせで調子が変えられるようになっている。なお、管長が半分なので基音は通常の楽器よりも高いのであるが、高次倍音は出しにくくなる。従って演奏できる音域が狭くなるために第4バルブを備えて補うモデルもある。長いものは、アルトトランペット(管長2 m前後)やバストランペット(管長3 m)と呼ばれる。

標準のB♭管の長さのものを二重巻きにして、サイズを小さくしたものをポケットトランペットと呼ぶ。コンパクトで携帯に便利だが、吹奏に多少の抵抗感がある。標準のB♭管は音程がもっとも安定しているので、初心者(特に楽器自体初めての人)はB♭管から始めることが推奨されている。ただしB♭管であっても、指使いだけで正確な音程が保証されるものではない。

ショートトランペットは姿をB♭管に似せると、サイズが小さくなるので、第一バルブからベルまでをB♭管に合わせた形をロングモデルとも呼ばれています。

トランペットの歴史と発達
トランペットは他の金管楽器と関連して発達しました。金管楽器の祖先は新石器時代のメガフォン型をしたラッパにまで遡ります。エジプト時代には金属製の軍用ラッパがあったといわれますが、この時期までの楽器は現在のようなトランペット・ホルンなどに分類することができず、金管楽器の祖先とされています。今から約3000年前のエジプト考古学的出土品の中にはラッパを吹く兵士の絵が残っています。当時の材質は現在主に使用される真鍮(しんちゅう)以外に金・銀・青銅を使用した物や、土・貝・象牙・角・骨・竹・瓢箪などで作られており、形も様々で調子がそれぞれ異なっていました。当時これらは主に宗教・政治の儀式、軍隊・競技などのファンファーレや信号として使用されました。

古代の終わりから中世にかけて構造・材質にほとんど進歩がなく、11世紀ぐらいに作られたものでも 楽器に彫刻する程度でした。はっきりトランペットの祖先といえる楽器は、ギリシア・ローマ時代になって初めて出現します。ギリシアではサルピンクス[Salpinx]、ローマではトゥーバ[Tuba] あるいはリトゥス[Lituus]と呼ばれ、この楽器は管長がすでに1mを超えており、管は角と金属を継ぎ合せて作られ、マウスピースはカップ型をしています。12世紀に入ると管を接続することが可能となり、非常に長い楽器が作られました。長い楽器は調子が低くなることにより、より多くの倍音が出せるようになりました。

14世紀になるとまっすぐ長い楽器では戦争や狩猟などで持ち運ぶ際に不便なため、砂などを詰めて管を曲げることが行われました。15世紀には接続された長い管を曲げて作られたデミルーントランペット[Demilune trumpet]と呼ばれるものがありました。この楽器は現在のホルンでも使用されるベルに右手を入れ半音だけ音程を変化させるストップ奏法を使用して倍音以外の音も出せるようになりました。別名ストッピングトランペットとも呼ばれています。また10世紀頃ヨーロッパ各地では、ツィンク (Zink) という象牙または木でできている楽器が作られました。こちらの楽器は管に穴を開けて倍音以外の音も出せるようにしました。

ツィンクの初期は2~4つの穴が開いていましたが、15~18世紀の間に木管楽器のフルートからヒントを得て合計7つの穴が開けられ音階の演奏が可能となりました。この楽器は19世紀まで使用されましたがその後衰退していきました。16世紀頃にはトランペット属が音楽的に認められ、合奏でも使用されるようになります。同時期にはスライドトランペットに似た楽器で、ベルが伸びることで音程が変わるトロンバ・ダ・ティラルシ[Tromba da tirarsi]が作られました。

17~18世紀頃には管がうずまき状に巻かれた一見ホルンのような形のクラリーノ[Clarino]と呼ばれるものができました。この楽器には3つの穴が開いており、穴を指で押さえることで音程を変えていました。18世紀にドイツのケールベルが発明したクラッペントランペット[Klappentorompete]は4つの穴が開けられていますが、クラリーノとは違い現在のトランペットの形に近く、木管楽器のようなキイが付いておりこれで穴を塞ぎます。

19世紀に入りトランペットは木管楽器並みの柔軟性や、自由な半音階駆使など音楽的要求が一層高まり、大きな発展をしていきます。 1818年~1820年の間にドイツのブリューメルがカスティンヴェンティル[KastenVentil]といわれる初めてヴァルヴ付きのトランペットを発明しました。この時ヴァルヴはまだ2つでした。

1825年にシェスターが作ったカスティンヴェンティルには3つのヴァルヴが付いています。 楽器名のヴェンティルとはドイツ語で弁という意味です。1827年にはフランスのラバイエによりピストンが発明され、1839年フランスのペリネが現在とほぼ同じ3本ピストンのトランペットを発明しました。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980
愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ