サンクトペテルブルグチューバを買取します。St.Perersburg Tubaを全国から買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

サンクト・ペテルブルグチューバを高く買ってもらう条件&ポイント

サンクト・ペテルブルグ チューバがどんな状態でも買い取りできますか?

当社ではサンクト・ペテルブルグチューバのメンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している場合の楽器は買取出来ます。楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • 外装に錆や汚れがあり凹みや傷があるサンクトペテルブルグチューバ買取
  • スライド&ピストン部分の動きが悪いサンクトペテルブルグチューバ買取
  • 付属品のケースまたはマウスピースがないペテルブルグチューバ買取
  • メーカー&品番、製造年度が不明な楽器などもお問い合わせください
  • 調整・修理してないサンクトペテルブルグチューバの買取します
  • 銀メッキ部分がさびているサンクトペテルブルグチューバ買取

 

サンクトペテルブルグチューバの売却で買取価格の納得資料

チューバを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
チューバを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

チューバの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
チューバを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

サンクト・ペテルブルグチューバ買取おお見積りポイント

チューバは品番、シリアル番号、外装、使用状況で判断して買い取りのお見積もりをします。(写真はベッソン)

ウィルソンチューバのロゴ

■品番の刻印

ウィルソンチューバのシリアル番号

■シリアル番号

ウィルソンチューバのメンテナンス

■外装&楽器

チューバ 解説

大型の低音金管楽器である。金管楽器の中では最も、最も低い音域を担う。唇の振動によって生じた音を管体で共鳴させ朝顔(ベル)から放出するという基本構造は他の金管楽器と同様であるがフレンチホルンの全長を持つ管は長円状に幾重にも巻かれ、大型の朝顔は上部に開く。金属製の管は、迂回管や抜差し部分を除き、朝顔に向かって緩やかに広がる「円錐管」となっており、歌口を接続する「マウスパイプ」と呼ばれる部分は楽器の中程の高さに取り付けられる。音程を変えるための弁(バルブ)を持つが、これにはピストン式とロータリー式とがあり、その数は3つから7つまでと様々である。ピストン式の楽器には、楽器を構えた時に、弁が直立した(upright)状態になる「アップライト型」(通称「縦バス」)と、弁が横倒しになり楽器の前面で操作を行う「フロント・アクション」(front-action)とがある。ロータリー式の弁を備えた楽器は全て前面操作となり、また、基本構造は前面操作のピストン式であっても1つないしは2つの追加のロータリー式の弁を備えるものもある。迂回管部やマウスピース直後の下向きにU字状になった部分には結露水がたまりやすいため、水抜き用のバルブ機構や抜差し管を使い排出を行う。

 

チューバの歴史
チューバは他の楽器に比べ非常に新しい楽器です。18世紀半ばにイギリスから始まった産業革命により、金属の加工技術が飛躍的に進歩し、バルブ装置が発明され、ホルンやトランペットなどで採り入れられ改良が加えられました。それ以来、バルブ装置はさまざまな金管楽器に用いられるようになり、また新しい楽器も次々と発表されるようになりました。そうしたなか、ベルリンのプロイセン軍楽隊長ヴィルヘルム・ヴィープレヒトとベルリンの楽器製造職人ヨハン・モーリッツによるベルリン式のピストン・バルブを採用したバス・チューバという楽器が生まれたのです。 この楽器は、現在のチューバの原点となる楽器で、1835年9月12日に特許が取得されました。 語源は、ラテン語で"管"を意味する「チューバ」で、古代ギリシャ・ローマの時代には青銅製の管楽器の名前としても用いられました。その後、"ラッパ"全般を指す言葉として使われており、発明者のモーリツは、その"チューバ"の低音楽器だという意味で "バス・チューバ"と命名しました。

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シールです。
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪

▼楽器の買取方法

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
営業時間:朝10時~午後5時
(定休日:土曜日・日曜日)
TEL: 052-653-6676
FAX: 052-654-1980
フリーダイヤル: 0120-053215
フォーム~年中無休で対応
愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号

ドレミ楽器 サイトマップ